元トラックドライバーの「副業情報ライターわたる」が、荷物の代わりに有益な情報をあなたにお届けします。

会社に勤めながら収入を増やす「週末副業」のすすめ

副業情報ライターのわたるです。  

突然ですが、下記のような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

「給料と別にあと5万円あれば・・・」

「給料だけではやりたいことが何も出来ない・・・」

「美味しいものを食べに行きたいけどお金が・・・」

誰もがこのような事を一度は考えた事があるでしょうし、現在がまさにそのような状況にあるのではないかと思います。

ただ、副業をやるという事は本当にそのような理由からだけでしょうか?

今回はそういった事もふまえながら、月にあと数万円稼ぐ「週末副業」についてお話ししたいと思います。

それでは早速始めましょう。

週末副業で会社に勤めながら収入アップ

今の仕事を続けながら、毎月貰う給料の別に3万円でも5万円でも収入があったら魅力的だなとはきっと誰もが思うでしょうが、それを可能にする方法があります。

わたる
今の会社に勤めながら別の収入源を作ればいいのです。

「そんなの当たり前だろう!」

「斬新なことを言うのかと思ったらそんな事か!」

「そんな時間がないから困ってるんだろうが!」

このような声が聞こえてきますね・・・・。

そもそも会社で副業が禁止されているという方がいらっしゃるかもしれませんし、まず具体的にどうやればいいかが分からないという方もおられることでしょう。

わたる
ごもっともです。

それに答えるためにこの記事を書いているのです。

私もそうでしたが、真面目に会社勤めをしているだけではどれだけ頑張ったところで収入はたいして増えません。

そればかりか突然の解雇やリストラなどがあるかもしれませんし、最悪なパターンとしては勤めている会社が倒産してしまうというリスクもありますよね。

特に現在はこの「コロナ渦」で業績が下がった会社も多い中、それらは身近な話でもあるのではないでしょうか?

そのような危機の中にある今こそ、そして会社というバックボーンがあって給料が保証されている今だからこそ、私は「週末副業」をおすすめするのです。

週末副業は自分を守る防衛策でもある

働き方改革で企業の副業に対する考え方が変わった今がチャンス

現在、世の中の「副業」に関する事情が変わってきています。

政府が「働き方改革」のスローガンと共に副業を推奨するようになり、これを受けた企業側も副業を解禁するところが増えてきたからです。

それに応じて副業を始めるサラリーマンやOLの方もかなり増えてきていますが、私はとても良い事だと思います。

それと、一つ考えてほしい事があるのですが、現代社会を生きる私たちの寿命は今や平均で90歳くらいで下手をしたら100歳くらいまで生きる可能性があり、医療がどんどん発達する中、もっと延びるかもしれません。

だからと言って定年退職の時期は今のところ変わりませんし、仮に今お勤めの会社で無事定年を迎えることが出来たとしても、それからあと30年40年と食べていかなければなりませんよね。

もちろん退職すれば退職金や年金が貰えるのですが、はたしてそれだけで本当に食べていけるのでしょうか?

そもそも年金の制度自体が揺らいでおり、いつ崩壊するかも分かりませんし、現に支給額は減らされる一方です。

※こちらの動画でその理由を分かりやすく解説されていますが、不安しかありません。

 

これで年金が当てにならないことがよく分かりましたので、これから先は何らかの形で給料以外の収入を確保しなくてはならなくなるでしょうし、ともかく自力で稼ぐ必要があるのです。

今現在、「あと5万円欲しい」ということももちろん大事ですが、「備えあれば憂いなし」と将来に備えて動いた人と、会社に頼るだけで何もしなかった人との差は確実につくでしょうし、それはとても大きなものとなるのは間違いなさそうです。

ですから副業に対する風が吹いてきた今、何かしらの副業をやってほしいと思いますし、それらのスキルは必ず後で役に立つでしょう。

だからこそまずは「週末副業」に取り組んでほしいのです。

ネットの充実で副業のバリエーションが増えた

10年、20年前に比べて個人が稼げる方法というのは格段に増えましたし、稼げる金額も大きくなってきましたが、特にインターネットやスマートフォンの台頭によって、次から次へと誕生するサービスやノウハウなどがそれらをさらに後押ししています。

Amazonせどり、メルカリせどり、アフィリエイト、動画投稿など一昔前にはなかったビジネスがどんどん現れ、実際にそれらでお金を稼ぐ人も次々と誕生していますね。

わたる
実際に私が本業以外でも本業と同じくらいお金が稼げるようになったのも、インターネットとスマートフォンのおかげだと断言します。

現代は誰でも本業と同じどころか、その何倍も稼ぐことが容易になったと思います。

つまり会社に頼らなくても自力で収入を得ることが出来ますし、もし何らかの事情で会社を辞めることになったとしても、そんなに焦らず生活ができるのではないでしょうか。

会社に勤めていて給料という保証がある今だからこそ「週末副業」をやるべきだと私は思います。

幸い今はスマホ一つでできる副業もたくさんありますので、通勤の途中や昼休みの少しの時間、または帰宅した後の30分などの隙間時間を使ったり、週末だけ本格的に副業をやるなどして、まずは100円でも500円でもいいので、「給料以外にお金を稼ぐ」という体験をしますと、それが「自力で稼げた」という自信につながります。

最初は小さな金額でもそれを繰り返していくうちにスキルアップもしますし、お金もどんどん増えて、やがては食べていけるだけの収入に繋がります。

それに、会社の給料以外の収入があると、いつでも会社を辞めて良いという心の余裕さえ出てきます。

別に辞めなくても良いですし、その必要もないのですが、会社の給料しか収入が無いという状態で働くのと、給料と別にも収入がある状態でで働くのとでは、気持ち的にも全然違うのです。

言葉にするのがすごく難しいのですが、少しの事で怒らなくなると言いますか、つらいことがあっても辞めたら生活できないといった、つらくても歯を食いしばって頑張る状況ではなくなると言いますか・・・とにかく気持ちにすごく余裕が出るし、楽になるんです。

わたる
私もそうでしたが、不安がなくなって楽しいんですよ。

例えば家族から、「つらかったら辞めても良いよ」と言われたり、いつでも辞められる状況にあると、反対に頑張れるんですよね。

逆に「何があっても絶対に辞めるな」と言われたり、辞められない環境にあると、益々辞めたくなる・・・。

これは多分心の余裕が関係していると思います。

まずは週末副業をやる環境を作る

時間は工夫すれば必ず作れる

給料以外にも収入源を作るという話は冒頭にも述べましたし、それをやるには副業が良いという事もお伝えしました。

そして自力で稼ぐという事が、今後自分の身を助けることになります。

今回は週末副業にフォーカスを当ててお話をしていますが、それ以外でも言える事として、行動力がない人は何をやっても成就しません。

よくありますのが

「仕事が忙しくてとても時間がない」

「まだ子供が小さいから」

「妻(主人)がうるさくて」

のようにやらない理由を見つけて一歩を踏み出そうとしない人が本当に多いです。

一番多いのが「忙しくて時間がない」という人です。

たしかにそれらは事実でしょうが、それであっても1日1時間程度の時間を捻出するくらいは出来るはずですので、その間に副業のネタを探したり、試しに少し勉強してみるくらいのことは出来るでしょう。

どんなに小さな事であっても行動すれば必ず何かが見えてきます。

もちろん何を始めても、最初のうちは失敗もするでしょうが「致命傷を負わない程度の失敗」に留めておけば段々と学習して成功にたどり着く可能性は飛躍的にアップします。

そもそも勤務先で副業が禁止されていたら?

現在、副業解禁の企業が増えてきたとはいえ、まだまだ社員の副業を禁止しているところがあるのも事実です。

副業を禁止している会社で、実際に「週末副業」をはじめとする副業が会社にバレたという話はあまり聞きませんし、バレてクビになったという話はさらに聞きません。

しかし稀有ながら、見つかったり、バレてクビになったりしているケースもありますので、皆無ではありません。

では、バレる人は何故副業をしている事がが見つかるのでしょうか?

じつは・・・自分から喋ってしまうケースがほとんどなのです。

例えば、自分が始めた動画投稿やせどりが上手くいって収入になったりしたら、誰かに自慢したくなりますし、それがお酒の席だったとしたら、なおさらですね。

仮にその場で収まったとしても次第に噂になり、思いもしないところから告げ口されたりと、それらの理由で見つかるパターンは本当に多いんです。

これは肝に銘じておいてほしいのですが、どんなに親しい同僚でも、副業をやっている事は会社の人間には話さないのが無難です。

それだけ注意していても見つかるときは見つかりますので、副業に対してやたらに厳しい会社であった場合は、はじめから奥さん、兄弟、親などの名義でやった方がいいでしょう(実際に副業が禁止されている会社に勤めている方はこのパターンがほとんどです)

ただし副業を禁止していても許可をもらえばOKという会社も意外と多いですので、まずは聞いてみて、ダメだったら他の手を考えるようにして下さい。

まとめ

今回は会社に勤めながら収入を増やす、週末副業について取り上げてみましたがいかがだったでしょうか?

私が副業を始めたきっかけも、給料だけでは厳しかったのと将来に対する不安からでした。

私が勤めていた会社はとても激務で拘束時間も長かったのですが、このまま歳をとっていくことに恐怖すら覚えたので、何とか時間を作ってネット副業の勉強をして実行に移しました。

最初はいろいろ手を出し失敗もしましたが、やっていくうちに感覚を掴み、収入になりだした頃には本当に気持ちに余裕が出ました。

やりだした頃は仕事との同時進行できつかったですが、今となっては本当にやってよかったとしみじみ思います。

副業が注目されだした今、本当にそのネタはいくらでもありますので、まずは何でもよいので自分に合った副業を調べてみて行動に移されることを願っています。

それではこの辺で失礼いたします。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

わたるのメルマガはじめました。

数あるネット副業や稼げるジャンルはもちろんですが、ブログでは書けないような情報なども配信していこうと思います。

メルマガ登録は無料ですし、いつでも配信解除できますので、お気軽に登録されてください。

わたるの無料メルマガを覗いてみる

不定期配信ではありますが、有益な情報を配信できるよう努力いたします。

只今メールにて無料相談受付中です

 

⇒わたるに無料で相談してみる  

実際にあらゆるネット副業を試してきた私が、おすすめできるジャンルを知りたい方はこちらからご相談ください。

 

副業情報ライターわたるでした。

1件のコメント

初めまして

副業の簡単!と言うセリフに騙されてばかりの私です。
そんな私を助けてください‍♀️
宜しくお願い致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA