元トラックドライバーの「副業情報ライターわたる」が、荷物の代わりに有益な情報をあなたにお届けします。

旅リッチ転売コミュニティLINOはアリ?中国輸入ビジネスの真実とは

わたる
週刊副業情報 ライターのわたるです。

今回は高野晴香さんが主宰されているコミュニティー旅リッチ転売コミュニティLINOで稼ぐことは可能なのかについて検証してみたいと思います。

それでは早速始めていきましょう。

高野晴香さんの旅リッチ転売コミュニティLINOとは

案件の概要

旅リッチ転売コミュニティLINO概要

販売業者 株式会社MAKE A LEAP
運営責任者 高野晴香
所在地 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋5-11-26シオン阿倍野102
電話番号 080-4323-6335
メール yukitakano.tabilita@gmail.com

販売価格は「38万1500円」とのことで、転売のコミュニティで38万円はかなり強気だと思いますが、相当稼げるビジネスモデルなのでしょうか?

キャッチコピーは以下の通りです

何故看護師にこだわるのでしょうか?(笑)

保育士とか栄養士はダメなんですかね?

まあそれはさておき、旅リッチ転売コミュニティLINOでは次のようなことが謳われています

LINOは、世界を旅して毎日を自由に楽しく暮らしたいという女性の為に立ち上がったコミュニティーです。

LINOでは、誰でも簡単に使えるスマホアプリを活用して、世界中どこにいても隙間時間にスマホ1つで毎月20万以上稼げる転売方法を教えています。

そして、マイルを効率的に貯めるノウハウも伝授し、お金をかけずに旅ができる自由な生活をプロデュースしています。

LINOをきっかけに、新しいライフスタイルを手に入れ、より輝ける未来を手に入れてください!

ふむふむ、世界中を旅しながら隙間時間にスマホを使って20万以上稼ぐと・・・。

それでは具体的にはどういう事をやるのでしょうか?

ビジネスの内容

LP(ランディングページ)の内容を簡単にまとめてみました。

◇一番簡単な「中国輸入 メルカリ転売」から スタート
◇メルカリで売れるためのノウハウを伝授
◇転売で仕入れをしながらマイルを貯める方法
◇転売を外注し、自動収益化の方法
◇その他サポート付き

つまり、中国から輸入したものをメルカリで転売して、仕入をしながらマイルも貯めて、最終的にはそれを業者に外注して自動化しましょうというものです。

わたる
うんうん、よくあるパターンですね。
それと「旅」をセットにしましたか~

ではこのビジネスが成り立つのかを検証しましょう。

高野晴香さんの旅リッチ転売コミュニティLINOで稼ぐのが難しいと思われる理由

中国輸入転売はリスクが高い

今回の高野晴香さんのビジネスモデルは中国輸入販売を1から教えてくれるというものですが、中国輸入販売は初心者にはかなり、リスクが高いです。

まぁそれをどこまでカバーしてくれるかというところですが、まず、このビジネスに関しては、日数がかかりすぎて、商品を発注してから手元、もしくはお客様のところに届くまで大変時間がかかります。

インターネットで商品を買うときに、人気のサービスとして即日発送というものがありますが、Amazonなどがそれで、商品が手元に届くのが速く、注文したら大抵翌日には届きます。

多少値段が高くなっても欲しいものがすぐ届くというシステムが人気を呼んでいます。

メルカリなども出品者によっては即日発送を心がけておられる方も多く、やはりほしい商品が速く届くというのはうれしいものです。

その反面中国輸入商品の場合、届くまでに3週間とかかかりますし、そんなにかかるものは注文されにくいです。  

いったん手元に届いてから販売を開始するという方法もありますが、それでも商品発注から販売にいたるまで1カ月近くかかるのではないでしょうか。

とにかく長いです。

そしてこれらのモデルとして、クレジットカードを使って大量に仕入れをするというものがほとんどなのですが、支払日に商品が現金化できなければカードは焦げ付いてしまいます。

時間がかかる中国輸入においてこのリスクはかなり大きいです。

そして不良品も多く、注文した商品がやっと手元に届いたと思いきや、半分が不良品だったなどという事も珍しくありません。  

私の知り合いも中国輸入をやっていましたが、ひどい時は、ほぼ全部不良品で、使えるものの方が少なかったというシャレにならない事があったそうです。

しかもそれだけ苦労しても利益率は低く、何をやっているか分からないといった人が少なくとも周りに3人はいました。

そういった事を防ぐために現地の業者にお願いして、検品などを頼んだりするのですが、ただでさえ少ない利益がもっと目減りして、そうなりますともうリスクしかないそうです。

ちなみに3人とも中国輸入ビジネスからは足を洗いました。

こういった事を含めて初心者の人が中国輸入ビジネスをやるのはおすすめしませんが、その前にもっと根本的な理由があるのです。

ビジネスモデル自体が稼げない

まず、中国輸入系のノウハウやコンサルに関しては、大半のものが使えません。

わたる
99パーセントくらいはダメじゃないかな・・・・。

これはノウハウがダメとかそういう意味ではなくて、  すでに同じ手法でそれらをやっている人がもう、うじゃうじゃいるんです。

自分でこれは売れるし利益が出ると思って仕入れた商品を、いざ出品してみたら、後から他の人が、同じ手法で同じ商品を仕入れてきて出品してきます。

そうすると、いち早く売り抜けるために「価格競争」「値下げ合戦」になってしまい、最初は利益が出るはずだった商品もあっという間にマイナスです。

そもそも、利益率が10パーセントか20パーセントのとこで戦っているのに、値下げしたら、あっという間に利益率1パーセントや2パーセント、最悪マイナスになってしまいます。

何をやってるんだろうという、そんな世界になっているのがほとんどなのです。

わたる

まあ、ほとんどそうですよ。

だから気を付けてください。

もちろん中にはごくごく一部良いものもあるでしょうが、全体的にみると厳しいでしょう。

旅リッチ転売コミュニティLINOは副業の3大条件を果たしているか

そして副業を始める上で、利益を出して儲けるためには、次の3つの要素に当てはまるかどうかが、絶対条件になります。

低資金で始められる

まずは低資金で始められるかどうかという事ですが、誰でも最初は資金が無いと思いますし、リスクを最小限にするためにもここは非常に重要です。

そもそも教えてもらうのに40万円もかかりますし、中国輸入の場合は輸送費の問題や時間などを考えても1個とか2個ずつのように仕入れをしていても話になりません。

ですので、クレジットカードの限度額いっぱいまで仕入れをしなくてはならず、この時点で低資金でスタートというものには程遠いですね。

粗利益が高い

そして粗利益が高いという事が重要になりますが、中国輸入ビジネスに関しては粗利益はメチャクチャ少ないです。

ほとんど10パーセント以下ですし、20パーセント取れたら最高みたいな世界で、それくらい薄い粗利益を取りに行くようなビジネスモデルになっています。  

この商圏にわんさか人がいますので実際にはもっと低いかもしれません。

在庫を持たない

そして3つ目が在庫を持たないかどうかなのですが、商品を大量に仕入れての薄利多売ビジネスですので、在庫持ちますよね大量に・・・。

それがもし売れなかったり、価格競争に巻き込まれて値引かざるを得なくなった時にはそれはもう悲惨です。

つまりこのビジネスは副業の3大原則に1つも当てはまらないという事になります。

まとめ

今回は旅リッチコミュニティLINOについて取り上げてみましたがいかがだったでしょうか。

旅リッチ転売コミュニティLINOの良いところとしては、中国輸入転売を知らない人が、一から学べるところで、安心して取り組める環境が用意されているというものです。

最終的には業者に業務を任せる事による自動化まで教えてくれるという事です。

ただ個人的な意見としては、中国輸入ビジネスは始めるのに資金が結構かかる事や、利益率が低い事や、在庫を抱えないといけななど儲かる副業の3大要素にすべて反していますし、その他に不良品が多い事や、現在はコロナウイルスの関係で仕入れが大変不安定などともう不安要素しかありません。 

ですので個人的な意見ですが、最終的な目標が、自動化による資産型ビジネスの構築なら、取り組むのも選択肢の一つだと思いますが、成功する確率は限りなく低いと思います。

そして旅リッチ転売コミュニティの評判をいろいろ調べてみましたが、公式サイトの実践者の口コミのみで、さすがにここを悪くは書かないでしょう。

他にも色々調べて見ましたが、ネット上の評判はあまり・・・というか全然良いものがありませんでした。

それではこの辺で失礼いたします。

最後までお読みくださりありがとうございました。

わたるのメルマガはじめました。

数あるネット副業や稼げるジャンルはもちろんですが、ブログでは書けないような情報なども配信していこうと思います。

メルマガ登録は無料ですし、いつでも配信解除できますので、お気軽に登録されてください。

わたるの無料メルマガを覗いてみる

不定期配信ではありますが、有益な情報を配信できるよう努力いたします。

只今メールにて無料相談受付中です

 

⇒わたるに無料で相談してみる  

実際にあらゆるネット副業を試してきた私が、おすすめできるジャンルを知りたい方はこちらからご相談ください。

 

副業情報ライターわたるでした。